住宅ローンの選び方

住宅ローンを住宅業者さんや銀行に勧められるままに利用して後悔したというご相談があとを絶ちません。
また、最近では自らインターネットで調べて借りたけどやっぱり不満(不安)といった話も増えています。
何故、こんな事になってしまうのでしょうか?

 

その答えは明白です。
それは売り手に相談をするからそちらにとって都合のいい情報だけが耳に入ってくるからです。
ネット上の情報源でさえ売り手から発信されています。

 

家の購入や建築といった一大イベントは住宅ローンだけが検討事項ではありません。
環境、通勤、通学など物件選びや間取り、内装など家そのものについて検討事項は莫大にあります。
ですから、ローンについては返済額を見て、行けそうだとなれば家の契約だけはどんどん進んでしまいます。

 

しかし、住宅ローンは高額商品であり、選び方ひとつで数百万円単位のコストが違ってくるだけでなく、
組み方一つで最悪の場合は返済不能に陥るといった大変危険なリスクを含んでいます。
まさか自分だけはと思いながら家を買い、結局泣く泣く家を手放した方々を銀行員時代にたくさん見てきました。

 

では、どうすれば後悔しない住宅ローン選びができるのでしょうか?
ここで一つの重要なポイントをお伝えします。

 

それは、家の購入・建築の検討の順番を誤っているケースが多いという事です。
購入・建築の契約を済ませてからローンの相談に訪れる人が少なくないのですが、
これこそが検討順番の誤りなのです。

 

ローンの上限はいくら。期間や返済方法はどう組むかが先にあって、その後で買える範囲内で家選びをする。
これが正しい検討の順番です。

 

既に契約を済ませた方もまだまだ挽回のチャンスはありますので、焦らずに対策を講じて行くべきです。
将来にわたって本当に安心できるライフプランを構築して行きましょう。

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP サービス 相談申込み お客様の声 Q&A 会社情報